上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初めての曲を弾くとき、いきなり弾き始めないで
まずは一緒にしっかりと譜面を読み、「推理」を習慣にしていきます。
楽譜に書かれた指示を読み取るのはもちろん
全体の流れ、どんな曲かを推理しておきます。

なぜ、そうするか。

たとえば、本を買うとき。
私の場合、目次をじっくりよーく立ち読みして
その本が伝えたいメッセージを推理して
面白そうであれば、購入します。

この時に、推理をしておくと
読んだあと、自分の推理(予想)との食い違いがあれば
さらに深く内容が入ってきます。

それと同じです。

この推理力は、普段の生活全般に活かせます。
たとえば、料理をするプロセスを考えたり
学校の勉強を効率よくこなす手順を考えたり・・・。

行動に移す前に推理や段取りをすると、
スムーズに上達出来たり、理解が深まりますよね。

レッスンを通じて「ピアノを弾く」という要素以外も
身に付けて頂けると良いなと思っています。

テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
コメント
そうだよね!
私も演技するとき曲の表現したいことをよく考えるよ。まあ頭で考えるのと、実際やるのは違うけど・・・・。

いろいろ考えると興味が増すよね。
2007/03/26(Mon) 23:04 | URL | あず | 【編集
コメントありがと!
長文読んでくれてありがとう。
ガードってやっぱり表現なんだね。
イメージ的には同調性が大事なのかなぁと思ってましたがそれ以前に振り付けで表現が必要なのかな?
でもずっと音楽やっていると捉え方が固定しちゃいそうで怖いよね。。

身体に気をつけてがんばって!
2007/03/28(Wed) 21:34 | URL | かずこ ⇒あず | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。