上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20060204165625.jpg

更新不定期で、すみません。見てくださって、ありがとうございます。

今日は自宅で一人教え、カルチャーセンター(写真)へ。
風邪でのお休みもありましたが、子供を5人レッスンしました。

お母様から教えられる事も多いなぁと感じる昨今。
「ケジメが付けられなかったら厳しく言って下さい」などと
言われますが、境界が難しいですね。
いつも親御さんの言動を参考にさせてもらっています。
でも、叱るべき「悪いこと」って何でしょうか?



レッスン中には、素敵な瞬間がどの子にもあります。

気が散りやすい子供は最大瞬間風速ならぬ最大瞬間集中力が
強いです。なので、それを見ぬいて教科を切り替えます。

物事にこだわる子は、弾き方もこだわって迷いますが
散々弾いて、「結局教えられた方法が一番楽だ」と
納得して、身になります。

言葉ではうまく伝えられないですが、
ピアノレッスンって逡巡しているようで前に進んでいます。
短所の裏側にある長所に期待しながら、根気強く
せかさず、生徒と共に学習したいです。
あ、もちろん危険な事や躾についてはきちんと叱りますよ。

テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
コメント
本当に、どの子にも素敵な瞬間がありますよね。

子供ののびる瞬間を逃さずキャッチできる講師になりなさい・・・と大先輩に言われました。そうすればレッスン中に叱るような悪いことはおきませんよね。

今日、教室の講師のミーティングでいやなことがあってムカムカしていたのですが、かずこさんの文を読んで心が洗われました。私も同じ気持ちでまたがんばろう!
2007/02/13(Tue) 12:57 | URL | タカハシ | 【編集
世知辛いですねぇ。
なんだか大変そうですね。
講師同士、意思が合えばよいのですが。。

幸い協力してくださる先生方はいつも前向きで
親身になってくださるので
まだこの仕事に携わって、イライラはないです。

でもレッスンから遠い仕事(教室の設営や経理)は
やっぱり多少のストレスがありますね・・・。
お互いうまくリセットしながら、頑張りましょう!
2007/02/14(Wed) 09:01 | URL | かずこ ⇒タカハシさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。