上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
---------------------------
もしも楽器がなかったら

力のかぎり

空いっぱいの光でできた

パイプオルガンを弾くがいい
---------------------------

小学校の頃、視聴覚室に
この詩が毛筆で書かれて額に入っていたのを、
今も大事に覚えています。
※この詩の作者をご存知の方、ぜひお教えください。

この詩のとおり、光のパイプオルガンを弾くと想像して
読み返してみてください。

・・・どうですか?
私は、今日のような秋晴れの
光があふれる高い空に、手を伸ばして
これから思い切り弾くような気持ちで、
とってもワクワクします。

この気持ちは、音楽を演奏する人は
誰しも味わえる「ワクワク」だと思います。
これから「弾くぞ」「歌うぞ」という高揚感。

私は、この気持ちを一人でも多くの人に感じてほしい。
そんな思いでレッスンをしています。
ひさしぶりの更新ですが、
ふと空を見て思い出しました。

技術・テクニックも上達には大事ですが
この気持ちを芽生えさせることは出来ているだろうか。。
といつも考えます。

でも、生き生き弾いてくださる生徒さんを
見ていると安心に変わります。

これからもできるだけ同じ目線で、
気持ちの動きも見ていきたいです。
コメント
おひさしぶりです♪
かずこさん、こんばんは!
ずっと前に遊びにこさせていただいたまりはんです。

実は10月からピアノを教えることになって、いよいよ先生です♪
ふと、かずこさんのブログを覗きました。
とてもすてきな詩ですね。
そして、ピアノの講師として大事なことをあらためて確認できました。
生徒の気持ちを輝かせること、それが本当に私にできるか不安もありますが、私が「ピアノや音楽が好きだ」という気持ちと、生徒への愛情を持ち続ける限り、きっとできるだろう、と信じてがんばりたいと思います。
まだまだ講師になりたてですのでよろしくお願いします♪
2006/10/19(Thu) 00:09 | URL | まりはん | 【編集
ご無沙汰しています。。
こんにちは!ピアノを教えるとのこと、おめでとうございます。(って言うのかな?)まりはんさんにとって、タイムリーな話題でしたね。
「生徒の気持ちを輝かせること」素敵なことばですね! 心から、応援しています。
情報交換したいことなどあればHPのフォームからぜひご連絡くださいね。
お互い頑張りましょう!
2006/10/19(Thu) 08:06 | URL | かずこ ⇒まりはんさん | 【編集
光のパイプオルガン
はじめまして。宮沢賢治の詩を調べていたらこちらの記事に辿り着きました。
この詩は宮沢賢治の「告別」という詩の一部です。
実際けっこう長い詩なのですが、検索などですぐに見つかると思いますのでご興味があれば調べてみてください。
光のパイプオルガン、一説にはレンブラント光線の事だとも言われていますね。
2007/10/11(Thu) 10:50 | URL | ふかみどり | 【編集
情報ありがとうございます!
早速読んでみましたが、まだ真意がつかめていない感じがします。。

明日の演奏会が終わったら落ち着いて読み返したいと思っています。

2007/10/12(Fri) 13:24 | URL | かずこ ⇒ふかみどりさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。