上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
発表会が近づいてまいりました

曲も仕上げの段階に近づいて、
緊張し始めているひと
ぜーんぜん、気にしないマイペースさん・・
普段はあまり気が付かない、心持ちの違いを感じます。
(…私が一番ひやひやしているかも?!)

でも、とにかく
「楽しかったー!」「また人前で弾きたい!」
と感じられるように演出したいな、と思っています。

『心から、心へ』
その空間に響く音を、全身で感じて
大好きな家族や友人の前でのびのび弾けるよう、アドバイスします。

【弾き始める前に、落ち着くコツ】(レッスンでお話しています)
1.曲の最後を思い浮かべる
 (落ち着けるのと、テンポの食い違いが防げます)
2.息を吐ききって、止めて⇒弾き始める。
 (初めの音に集中して、そこから自然な息遣いで弾けるはず!)

他に良い方法があれば教えてくださいね!
テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
コメント
暑い時期の発表会、ご苦労様です。
また人前で弾きたいな~と思わせるコツ。
人は、拍手をもらって注目されてほめられたら、年齢を問わず、少々照れくさくても嬉しいものです。
ご家族には必ず大きな拍手と、演奏内容にかかわらずほめていただくようお願いしまして、レッスン時では 大きな拍手をもらってるところをイメージさせます。
もちろん レッスンで弾いた後も先生は大きな拍手。
あまりやりすぎると「間違ったのに おおげさだな~」と怪訝な顔をする子も(笑)
演奏でほめるところが残念ながらない場合、服でも、リボンでも、お辞儀の仕方でもなんでもほめてあげてね。
でも これって関東の人に通じるかな?
関西のノリかも・・・。
う~ん 大丈夫よね。
2006/08/09(Wed) 09:40 | URL | ぴあ | 【編集
発表会、何度経験しても私は嫌だナァ~(笑)
こんな職業なのに、人前が苦手です。
今年の6月は地獄でした(笑)
で、10月にはコーラスで出るかも・・・
集団でも、人前は・・・遠慮したい。
生徒さんたちには「出てね」と言うくせに・・・
2006/08/09(Wed) 10:24 | URL | KEMEKO | 【編集
拍手かぁ!!
灯台元暗し、な感じです。

ついつい「仕上げよう」という気持ちが
前に出てしまって「大勢の拍手を受ける」ということがすっかり抜けていました。。

日頃のレッスンではどちらかというと「ほめ倒し」の私ですが、私以外との接点であること、意識させていきたいですね。(私自身も内輪にならないように気をつけなきゃ!)
2006/08/09(Wed) 18:57 | URL | かずこ⇒ぴあさん | 【編集
kemekoさんの素直な姿勢に触れると
ホッとしたり、元の自分に立ち返ったりできますi-228

先生でも緊張しますよね。
私も、「練習どおりベストを出し尽くせた」なんて一度も、ないi-241

でも、いつも孤独にピアノと戦っていると、「誰かに聴いてもらいたいなぁ」と本能的に思えてくるのかもしれませんね。
不思議と、最近は本番が楽しくなってきました。恥をかくのをあまり恐れなくなったのかも?
大人になると、良い意味で鈍感になってくるのかなぁ、なんて。
2006/08/09(Wed) 19:16 | URL | かずこ⇒KEMEKOさん | 【編集
こんにちは、遊びにきてみました♪

人前で弾くとき、私もすごく緊張することがあります。音を追うのが精一杯・・なんてなさけないこともありました。
それでも、やっぱり「また出たい、発表会っていいなあ」と思うのが不思議ですよね☆

拍手のイメージトレーニング、私もやってみます!
あがらないコツ、またあったら教えてくださいね!
2006/08/09(Wed) 22:32 | URL | まりはん | 【編集
こんにちは!ようこそいらっしゃいました★

自信がないほど、本番で追い込まれますよね。
子どもの頃はそれが練習不足だとも気づかずに「あがり症」だと思い込んでいました。
たくさん弾き込んで自信をつける事も
大事なあがらないコツかもしれませんね。
2006/08/10(Thu) 10:13 | URL | かずこ⇒まりはんさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。