上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
連投です。
演奏会で感じる、聴こえ方のギャップを
書いているうちに長くなったので、別記事にします。

-------
いつも言うことですが
ピアノは一足飛びに上達はできない楽器です。

「上手!」と思える演奏者は、それだけ
たくさんの努力をして、階段を一段ずつ上っています。

でも実は指導者の私にとっての聞こえ方は、
ずいぶん楽観的で
聴いている人にはただのミス(つっかえ)も
私にとってはいつも、愛おしい思いがします。

(そのミスが出るほど、テンポ上げをがんばったのね!)

(くり返して2回目は挽回したね!すごい!)

(入り込みすぎて音符忘れちゃったね。でも、そうなるほどすごく歌ってた!)

嬉しい驚きの連続です。
ぎりぎりまで、追い込んで、根詰めて
昇華させる場なんだなぁ、と本番の意義深さを思います。

もちろん、ミスしないのは大事です。
そのための練習するのもお客様に聴かせるための
姿勢として必要です。

でも、そこ(ミスしない)が目標になると、なんて表情の乏しい
おっかなびっくりの、つまらない演奏になってしまうのだろう、
といつも思うのです。

もっと上の演奏を目指して、弾く事を歓びに変えてほしい
と願っています。
初歩的なことで苦労しないように、レッスンでの工夫も
欠かさずにまいります!
また、次の本番も楽しみにしています。
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。