上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は6人レッスンをしました。

中には、ピアノ講師をされている先生にも
部分的に(聴音、ソルフェージュ、初見など)を
レッスンしているので、今日はそのときの
余談でのお話を公開します。

その先生は、中学・高校生くらいの生徒さんを中心に
指導されていますが、悩みは「譜面を読まないで耳から曲を覚える
生徒さんの読譜力をいかに伸ばすか。」と、いうもの。

「やっぱり似たような悩みを抱えるものですねぇ。」と
2人で苦笑いしました。

以下、私の工夫を紹介しますが、
いいアイデアがあれば、ぜひぜひ!教えてくださいね。
私のやっている工夫のひとつは、第三間に色を塗ってもらったり
(ト音記号の「ド」のラインを分かりやすく・横に読むようにする)、
臨時記号や弾きにくい部分をチェックしてもらったりして
何とか譜面に注目させるようにしています。

そのことで、譜面をよく見て考えながら弾くクセが付いて来ています。

私は日々、生徒さんに「?(はてな)」をたくさん付けるレッスンを
したいと思っています。

「どうして作曲者は、こう書いたのかな?」
「この小節はさっき出てきたのと同じかな???」
・・・

その気持ちを引き出すために、答えを与え過ぎずに
考えてもらっています。

他にも弾き始める前に、ポイントをじっくり読むことなど色々コツを
教えていますが、自分から楽譜に興味を持って
読むようになってくれたらいいなぁ。と応援しています。
テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
コメント
お久しぶりです☆
います~!耳で覚えちゃう子(;^_^A 私も熱くなってしまうと、ついつい、楽譜を見て!!とうるさくなります(>_<)生徒さんからしてみれば、なんでそんなに怒っているの?って感じだと思います。 自分自身にまだまだ余裕がない証拠でしょうね(;^_^ いつも拝見させてもらって、私ももっともっといいレッスンがしたいと思うのですが、まだまだ見えてないことだらけですね~(@_@;)単調なレッスンの繰り返しです。
2006/03/19(Sun) 17:53 | URL | yu♪ | 【編集
ごめんなさい
大変失礼いたしました! 「はじめまして」 でした~!! 改めまして、、、 いつも、拝見させてもらっています☆ とても勉強になります♪
2006/03/19(Sun) 18:02 | URL | yu♪ | 【編集
この年になると、耳で覚えてしまうのも才能のうち、ならばそれを徹底して伸ばしてあげようか・・なんて遊び心も出てきます。
しかし、そうもいかないときもありますね。
先生が視点を変えれば、先生のストレスは解消できます。
2006/03/19(Sun) 20:29 | URL | naruse | 【編集
はじめまして!
いつも来てくださって、ありがとうございます。これからも宜しくお願いしますね。
コメント、その通りです。
ムキになってしまうと視野が狭くなってしまい、お恥ずかしいことです。
出来るだけ、いい部分を見つけてから注意もするようにしているのですが、むつかしいですねぇ。
ピアノ講師って心の広さを求められるなぁと、日々痛感しています。
また遊びに来てくださいね。
コメントもぜひ残していってください♪
2006/03/19(Sun) 21:39 | URL | かずこ⇒yu♪さん | 【編集
いつもnaruseさんのブログやコメント、尊敬しています。アドバイスありがとうございます!
「遊び心」たいせつにしたいですね。
一歩ひいて客観的に接する余裕もつくっていきたいですね。欠点も裏返せば長所ですものね。
実際、「聴く力」って、ピアノを弾く以前に大切な要素だと思っています。
耳から入る生徒さんは逆に言えば生活の中の音や音楽に敏感に反応していて、素晴らしいなと感じます。
なので無理に思い通りにしようとしなくても一緒に楽しめればいいなぁ・・とは思っています。もっと経験を積んでよい方法を学んでいきます。

2006/03/19(Sun) 21:46 | URL | かずこ⇒naruseさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。