上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は先生ではなく生徒さん側のこだわりをご紹介します。

分かりやすいのはレッスンバッグと、楽譜の製本
そして、楽譜への書き込み。

■レッスンバッグ
展覧会をしたいくらいに
素敵なものを色々お見受けします。

お母様のパッチワークやおばあちゃんの刺繍
キラキラ付きだったり、ピアノや音符をかたどった物・・
縫い物が苦手なので、私はいつも尊敬のまなざしです。

■楽譜の製本
大事な曲、あとでまた弾きたい曲ほどおすすめしています。
好きな画用紙などにコピー譜をコピーして貼り付けるだけ。

曲に合いそうな紙の色を選んだり、
シールを貼ったり、
それだけでもこれから向き合う曲に愛着が湧いたりします。

レッスンが終わったあともファイリングしておけば
立派なレパートリーブックです。

■書き込み
レッスンの時、自分でも書きこみができるように教えています。
指番号、ブレス(息継ぎ)、強弱など
どんどん鉛筆で書いて自分の楽譜にしていきましょう。

自分でたくさん書いて練習した形跡があると
とても嬉しいです。

---------
レッスンは風邪でのお休みが多くて心配です。
早く良くなりますように・・・





テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。