上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「指が回らない日が、あるんです」
というのをよく聞きます。

確かに人間なので、その日のコンディションは違いますね。

■どのように把握して練習に生かすか↓↓

私はハノンのスケール(音階)やアルペジオを
早く、あるいはとても遅く弾いてみたり、
弾いている曲の中の課題がある部分で判断します。
------------
たとえば小指や肩など、どこかに力が入っていたりすると
指が回らないし

ゆっくり弾いた時に音の粒が揃わないのは気持ちが
落ち着いていない場合があります。

必ず何かしら原因があります。

それを客観的に見るのが難しいから
レッスンでは注意深くウォームアップをして
自分でコンディションを把握できるように
クセをお伝えしています


やっぱり、私も含め「完璧な客観性」は無理だから
レッスンを受ける続けるのでしょうね。。

flower

↑道端で撮った花です。名前が分からなくて情けなくなりますが
 色合いがきれいで心和みます。テッポウユリなんかも力強くてきれいですね。
テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。