上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ピアノを弾くとき、何を考えていますか?

指の形や弾き方を意識する人
曲の山場のイメージをする人
目の前の真っ黒な音符に、右往左往の人・・・

色々あると思いますが
目的に合わせて、頭の中を変えていくと
良いと思います。

----------
たとえば・・・

■テクニックなどの練習では
 音色、指の形、動きなど。

■曲を弾くときには
 頭の中で、めいっぱいメロディーを歌う
--------

・・・今回は、歌の話なので、曲の演奏について下記で考えますね。

苦手な部分を意識すると、そこだけが大きくなってしまうように
出したい部分の音を歌うと、違った音色や
自分の表現が出てきます。

うまく利用して、練習や演奏ができると良いですね。

主旋律(メロディー)を声で歌いながら伴奏部分を弾くと
苦手な部分や大きすぎる部分に気がつきます。

また、流れが止まったり、ブレスの間(ま)がないと
歌いにくいことにも、気がついて
自然な表現になってくるでしょう




テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。