上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レッスンのなかで、ピアノの弾き方が定着するまでは
フォーム(形)のことをうるさく言っています。

何年間も同じことを言い続けるのは嫌ですし
聞いているほうは、もっと嫌な思いをすると思うので
最初のうちに、うるさいほど、伝えていくようにしています。

クセをつけたり、なくしたりしながら
上達していくんだなぁと感じています。

一例を挙げると・・・・↓↓↓

クセをなくす
・指くぐり (指またぎ)でひじが上がる
・手首が下がりすぎて指が回らない
・力が入りすぎる(または逆に指に力が入らない)
・身体を揺らしすぎる

※クセをなくすのは、1回のレッスンで ほとんどできます。

クセをつける
・鍵盤に指をのせてから弾く(叩かない)
・基本的に指の先で弾く
・アクセント(>)の時、前に力をかける
・手首、腕を使って弾く(指が出来てきてから)

・・・などなど。

柔軟な方ほど、レッスンの中では出来てしまう分、
帰ってから方法を忘れやすいようです。

何とか、忘れないように伝えたいのですが
力加減や形、動きのことなので
楽譜に書いておいてもヒントにしかならないようですね・・


私自身、何度も何度も言われ直してきたことを、
何度も何度も言って、
無意識に出来る日を待っています

 
テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
コメント
私は、ヘタながらも、手の形や指の形を楽譜に絵にして描いています。
変なクセが戻ったら、また同じ絵を描いて・・・の繰り返し。
絵にすると、おうちに帰っても、わかりやすいようですね。
それから、手の甲を丸くするには、昔私は「卵を握って」と言われましたが、
小さい子には、「ねずみさんのおうちを作って・・・手首のところが出入り口~」と
言いながら、私の指が出たり入ったりする等、何度かやって「おうちでも、
ちゃんと○○(生徒の名前)先生がお手手を見ていて、ねずみさんがおうちに
入れるようにしてあげてね」と言うと、ちゃんと覚えて毎日やってくれます^^

クセは一度付くと、ちゃんと直すのに時間が掛かりますから、導入期に
しっかり時間を掛けてやってあげたいですね!
2008/04/16(Wed) 02:53 | URL | まりこ | 【編集
追記・・・
手首が上がり過ぎる時は、「それじゃぁ、猫ちゃんまで入ってきて、ねずみさんが
大変だよー!」・・・で、大抵直ります^^
2008/04/16(Wed) 02:54 | URL | まりこ | 【編集
ねずみちゃん!!
それは素敵!!
早速、受け答えを頭の中でシミュレーションして
レッスンに使いたいです!

私も「たまご握って」式教育だったので
家ではぜんぜん、やりませんでした。。

身につかないと、手首の下に鉛筆の先を添えられたりして
軽い拷問だったような・・・(笑)

やっぱり、先生は「創造力」大事ですよね。
素敵なストーリー、またお聞きしたいです☆
2008/04/16(Wed) 19:54 | URL | かずこ ⇒まりこさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。