上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「初見の練習しますか?」と大人の生徒さんに尋ねられました。

初見は初めて見た楽譜を、必要な部分を読み取って
予備練習なしで、演奏することです。

昔は意識して「練習」していましたが
今は、職業柄「お仕事」と化しています。

生徒さんの練習曲、課題曲、連弾曲の伴奏、編曲
自分の練習曲、課題、演奏予定曲、勉強のための譜読み・・
常に何十曲が頭の中にあります。

この仕事を始めてから、頭の中にピアノの音が
ぐるぐる回ることが増えました。

不快ではないのですが
切り替えをうまくして、いつも新鮮な気持ちで生徒さんと
向き合いたいと思っています。

休憩時間は教室で流しているクラシックのCDを止めて
ラジオを聴くことがあります。

それを聴いた生徒さんが「何で?」という顔をしましたが
「ごめんね。リセットしてたんだ。」と言って
伝わったかどうか・・ 皆さんはいかがでしょうか?


コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。