上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピアノを弾くのにお楽しみの曲を、「おやつ」 とたとえています。
ハノンや基礎練習曲は、「ごはん」

おやつを食べすぎても、おっきくなれないでしょう?

と伝えると子供たちも直感で理解して「ごはん」もがんばってくれます。
(それだけ、「お家でのご飯」は皆さん大事にされているのですね


-------
おやつとご飯の曲の線引きは難しいですが
音色や身体と、真剣に向き合って弾いている限りは
アニメの曲であっても、「ご飯」になりうると思っています。

ただ、仕上がりまであまり時間のかかる背伸びすぎる曲、
そして、どうしても適当にならざるを得ないような乱暴な編曲のPOPS
は、おやつと思っています。

-------
楽観的に、広く捉えれば、

おやつ(遊びの曲)が好き ということは
食べるのが(ピアノを弾くことが) 好き。

それは大変喜ばしいことでもあります。

おやつが好きな人は、音が並ぶだけで満足してしまう危うさはありますが
きっと美しい演奏を求めていく原動力になると思います。

-------
ご家庭ではなんと声をかければいいか
きっと迷うと思いますが
気長に、見守って支えていきましょう。

ゆっくりと、動きや音色を確認しながら弾けたら
たくさんほめてあげてくださいね。

私もおやつの与えすぎには、気をつけて
指導してまいります。



スポンサーサイト
テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。