上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週、お盆休みを利用して、
上から下まで大掃除フローリングのワックスがけをしました。
フローリング

無垢の木のあたたかみが復活したように思えます。
木のささくれもほとんど無くて、さらに念のためヤスリもかけたので
裸足でも安心ですよ。

暑い中がんばって良かった~。

年末年始の大掃除より、水が冷たくないのは
ちょっと得な気がします。
生徒さんでも年末の代わりにゴールデンウィークに大掃除する方が
いらして、納得したことを思い出しました。
--------
本番前の大人のみなさまは
体調管理、万全になさってくださいね!
スポンサーサイト
テーマ:日記
ジャンル:音楽
暑い日が続きますね。
皆さん汗をかきかき、レッスンにやってきて
頂いてありがとうございます。

夏休みなので、レッスンが不定期な子供たちも多く
週2回、なんてことも出てきました。

そこで、何人かの生徒さんには
「作曲」をしてもらっています。

ゼロから作ると、とめどない形になってしまうことも
あるのと、時間もかかるので

拍子を決める

先生がリズムを指定(たん、うん、たーあー等)

音符を探りながらメロディー作り

和声を勉強した子は、コードをつける

というところまでを
小さい子は一つのモチーフ
小学生くらいからは、1曲に仕上げるまで
やっています。

日ごろのソルフェージュの成果で
音が浮かぶ子も多いのですが
作る目的は
「起承転結」すること。

形式を学ぶのには、少し時間がかかりますが
記譜も作曲もやってみないとわからない部分が
多いので勉強になるようです


テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
8月3日大倉山記念館のホールで演奏してきました。
ookurayama2.jpg    ookurayama1.jpg
すごい日差しで、汗だくでしたが
建物手前にある公園と、建物の佇まいは涼しげでした。

合同の発表会に参加したので
子供から大人までの演奏を堪能してきました。

例のごとく本番は、あがってしまったのですが
いい意味で「アガル」というのは必要らしいですね。
弾いている内にだんだん楽しくなってきて
途中からは、集中して演奏できました

横浜のイギリス館でも感じましたが
歴史あるホールって素敵ですね。

いつかこんなところで発表会を
してみたいなぁと、思っています。

テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
練習熱心な、ある男の子は速弾き(はやびき)が得意!

今日も練習曲(時期はずれの「ジングルベル」)を
マッハの速度で弾いて、得意満面。

その子との会話です↓

私「走る人なら、一番速いのが良いよね。
 おすもうさんなら、筋肉が強くて負けない力士が良いね。
 じゃあ、いい音楽ってどんなの?」

男の子「かっこいい音楽!」

私「じゃ、せっかく弾けるようになったから、
 ”一番かっこいいテンポ”で弾いてみようか」

~♪~♪~♪~

私「とっても、かっこ良くなったよ!」
男の子「

--------
楽譜上は「アレグレット(すこし速く)」の指示でしたが
彼は「アレグロ(速く)」が一番かっこいいと感じているようです。

それを見つける楽しみが発見できて、
私も嬉しく思いました。

始めは、プレスト(アレグロより速い)で弾いていたので
やっぱり音がちょっと雑になっていました。
-------
しばしば言うことですが、ピアノは「対比」だと思っています。
音量が大きければ(速ければ)素敵なんて、
大きな間違いです。

力が弱い人は、大きなフォルテより、美しいピアノを
作っていけばいい。

小さな積み重ねですが、客観的に聴こえるくらいまで
練習して、簡単な曲でも美しく弾いてほしいなと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。