上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
聴音用の色カードを使って、ピアノで電車ごっこをすることが
あります。(3歳以下限定ですが。。)

赤と青のカードを信号として譜面台に置きます。

子供たちの発想は自由で
私の伴奏に乗って生き生きと、音の電車を走らせます。

電車がやってくる ⇒(赤で)減速して止まる
 ⇒(青で)また出発する という調子です。

電車の距離感や、私と合わせる緊張感を大事にします。

私が「駅が近づいてきたよ~」「速くなってきたよ!」と
声を掛けながら弾くと、決して鍵盤を叩かず、
丁寧に表現してくれます。

これは音量の感覚を、テレビなどでボリュームを上げ下げするように
単純に表現しないようにするための、第一歩です。

子供たちの素敵な発想で、弾き方のイメージはどんどん膨らみます。

電車以外にも舞曲やマーチなど、色々アンサンブルしてみたいなと思っています。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。