上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やっとのことで、新しくしました↓↓

クーフェ音楽教室ホームページ


一気に作ったので、誤字脱字がありましたら、お教えくださいませ・・・

何年も明かしていなかった教室名のひみつ(?)などもございます。


今年はいろいろ整理して、

通ってこられている生徒さんの満足度がUPすれば

いいな、と思っております。

今後とも宜しくお願いいたします。
スポンサーサイト
毎週のレッスンでは生徒さんやそのご両親の
あたたかさや笑顔に元気づけられ

一階下の保育園の先生方
調律士さん、家族、友人・・・
支えてくれる方々のおかげで今年も無事に過ごせました。

本当に、いつも、ありがとうございます。

年末年始健やかに、みなさんが過ごせるよう願っています。

クリスマスムードが高まってきましたね。

今日も1階下の保育園からクリスマスソングが聴こえます

さて、この時期におすすめの本(楽譜)は

児島なおみ(1999) 『クリスマス ソング ブック 1』偕成社

クリスマスソングブック画像

すべてカラーの絵本なのですが
各ページの楽譜もみやすく、ソナチネくらいの方なら初見で弾けます。
(バイエル後半~ブルクミュラーくらいのレベル)

讃美歌だけでなく、あわてんぼうのサンタクロースなどポップスも
歌詞入りで載っているので
ご家族のだんらんに・・・☆
ぜひ、クリスマスまでのひと時を、素敵な音楽とお過ごしくださいね♪
テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
アレクサンダーテクニーク をここ1年ちかく勉強しています。

端的に言えば、身体の使い方を正しく、
楽にするメソッドです。
出会ったきっかけは、練習するときの
腰痛に悩み下記の本を読んだことでした。
 ペドロ・デ・アルカンタラ(2009)
『音楽家のためのアレクサンダー・テクニーク入門』春秋社

この本のはじめと最後にはひたすら
「実際にレッスンを受けてみなさい」と
書いていたので
今は先生に就いて勉強しています。

(他の音楽的なレッスンと並行して受けても
内容が重ならないのです。)

レッスンを受けてすぐ、
ピアノを弾く時の腰痛がなくなりました。
f(フォルテ・強い音)も楽に出るようになりました。
クロスハンドが楽になりました。

他にもたくさん得ることがあって、
少しずつですが教室のレッスンにも
反映しています。(伝え方に試行錯誤してます・・・)

音楽に限らず身体の使い方に
悩みがある方におすすめです。

DSC_0557.jpg
キバナコスモス
野生なのに、この色の鮮やかさ。
自然に元気を分けてもらってます。

7月19日の本番がちょっとずつ近づいてきました。

時間の感覚にうとい、ちいさな子供たちも
おじぎから通しての練習をすると、顔がひきしまって
集中した演奏を聴かせてくれます。
あと一息、後悔のないように時間を大切にしたいですね。

------------
今回は聴きに来られる方に向けて・・

レッスンを退会(卒業?ひと休み?)された方や
おうちにピアノのあるご家族も
たぶん少しはピアノに触っているかと思います。
ぜひ聴きにきて頂いて、レパートリー作りの参考になればいいなと思います。

プロの演奏はもちろん勉強になるので
たくさん聴いてほしいですが
意外に、アマチュアの、しかも無料の演奏会はレパートリーを
探すのにとても良いと思います。

知っている曲もテンポが違っているだけで新鮮ですし
難しい個所も、きかせどころも身近な人たちが弾いている方が
わかりやすいかもしれません。
(プロは難所も涼しい顔で弾けちゃいますからね・・)

「今度はこの曲弾いてみようかしら」と
ウィンドウショッピングのつもりでお越しくださいませ。

今年もバタバタすると思いますが、卒業生はお声かけくださいね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。